即日でお金を借りる

不景気で大学を卒業したまでは良かったのですが、その後就職することができずに今だにアルバイトです。収入も不安定で生活に苦しい時も多々あります。でもアルバイトなんで即日でお金を借りるなんて無理だと思ってたんです。私にお金を貸してくれるところなんてないと思っていました。そんなある日ネットを見ていた私はカードローンの広告が目に入りました。即日OKアルバイト・主婦でも可!このような内容の広告でした。思わずその広告をクリックしました。カードローン会社のホームページが出てきました。そこにもやはりアルバイト・主婦でも可!の文字が書いてありました。ダメでもいいや、取り敢えず申し込んでみようと思って、申し込みはこちらと書いてある所をクリックしました。入力画面に従って必要事項を入力して送信ボタンをクリックしました。暫くすると仮審査の通過の連絡がありました。そして本審査も通過してカードローンの契約が完了しました。カードローン用のカードは後日郵送だということだったので、とりあえずは自分の銀行口座にお金を振り込んでもらうことにしました。お金を即日で借りれるメリットを活かすために、申し込みの際に銀行口座を登録しておくと、そこにお金を振り込んでもらうことも出来るのです。

個人事業主と融資

不景気が続いたり震災があったりして銀行からの融資が受けられなくなった個人事業主は多いと思います。事業をしている以上は回転資金が必要です。無借金経営の会社は少ないと思います。仕入先の支払いと得意先からの支払いがいつも一致しているとは限らないのですから。
銀行に融資を断られて個人事業主がカードローンでお金を借りて運転資金をまかなっているという話を聞いたことがあります。クレジットカードのキャッシングを利用している個人事業主の人もいるようです。
しかし銀行からの借り入れに比べると消費者金融のカードローンは金利も高く、しかも総量規制もあるために多額の資金の借り入れは難しいでしょう。総量規制とは平成22年に完全施行された法律で年収の1/3を超えての借入貸付はできないというものです。過剰な借り入れや貸付によるトラブルを回避させるための法律ですが、一部の利用者には不便な法律となってしまっています。この総量規制の法律が適用されるのは消費者金融と信販会社だけで銀行には適用されません。ですから銀行のカードローンであれば総量規制にかからずに借入をすることができます。だたし、銀行の融資を断られた人が銀行のカードローンを申請したからといって多額の融資をしてもらえるかというとかなりむつかしいかもしれません。

自分がカードローンでお金を借りるような事に

景気が回復してきているとかなんとか聞いたことがありますが、その実感は全くないですね。今だに給料カットが続いている状況です。給料がカットされるとボーナスまでカットになるので本当に苦しいですよ。色々と節約してるんですが、やはり家賃が高いのがうちの家計ではネックになっているのかなと思い始めたんです。今の賃貸の家は駅まで徒歩圏内だし、家族4人で暮らすにはちょうどいいというか少し広めでとても気に入っているのですが、家賃が高い。この際家を買おうかという話にもなったことがあるんですが、何分給料が不安定なので住宅ローンの審査が降りないんですよね。降りたとしてもかなり金利が高かったりと・・・なのでまだまだ賃貸しか無理かなと思っています。家賃の安いところに引っ越そうかと思っているのですが、引越し代金や敷金礼金などなど、軽く見積もってもかなりのお金が必要になってきます。少しは貯金があるものの全額は無理だなぁって話してたんです。それでカードローンでお金を借りることにしたんです。まさか自分がカードローンでお金を借りるような事になるなんて・・・って思いましたが、カードローンはやってみるととても簡単で便利だなあと思いました。